鍼灸治療の内容

当院では、「鍼(はり)」・「灸(きゅう)」・「筋を治すマッサージ」を組み合わせて治療を行います。

【鍼】(はり)
髪の毛ほどのごく細い鍼(はり)を使用しているので、痛みはほとんどありません。なお、当院ではディスポ(使い捨て鍼)を使用しているので、感染症などの心配は無く、安心して治療を受けて頂けます。
鍼(はり)
【鍼通電療法】
鍼に低周波の電気を流す施術を鍼通電療法といいます。鍼を介してダイレクトに通電するので、特に筋肉の痛みやこりを緩和することができます。また麻痺した筋肉の活性化にも効果的です。
鍼通電療法
【温灸】(あつくない灸、灸頭鍼[きゅうとうしん])
温灸鍼ともよばれ、鍼をした上にもぐさをのせて燃焼させる治療です。鍼(はり)の効果と温灸の輻射熱を加え相乗効果が得られます。
温灸・間接灸
【直接灸】(透熱灸[とうねつきゅう])
昔から行われていたような大きなもぐさのお灸ではなく、現在治療で使用しているものは、お米の半分の大きさ、もしくは糸状灸です。直接灸は症状や希望により施術しております。
直接灸(米粒大)
直接灸(もぐさ線香)

治療の流れ

【〔篆如
治療の前に丁寧な問診を行います。
一番つらい症状の他にも、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。
【⊆N邸
当院では辛いところだけに鍼(はり)をするのではなく、全身の経穴(ツボ)を組み合わせて鍼をすることで、根本的な改善を図ります。
治療の最中は、辛い症状の原因となるもの、治療法などを丁寧に説明し、患者さんの不安にも親身になってお答えしています。

※楽なスウェット(ズボンのみ)をお貸ししています。

【お会計・ご予約】
お帰りの際にお会計と次回ご予約の相談をいたします。